10万円を超える高級おせちもある!人気の高級おせちのお取り寄せ!

最近では、お正月に帰省した時に、以前のように外食してお祝いする事が出来なくなりました。
また正月に海外旅行をしていた人も、海外旅行の空港での待機期間や、航空便の減便で行けなくなったりという事もあります。
また、国内でも正月に自宅で過ごす人が増えました。
正月に旅行したり外食も出来なくなったので、その分普段なら勿体なくて買えなかったような10万円を超える高級おせちを食べる家庭も増えました。
そこで10万円を超えるような高級おせちセットって、2から3万円普通のセットとどこが違うのかを以下にあげて、その魅力について紹介します。

 

特に人気のある高級おせち通販サイトの10万円越えの商品がどんな物なのかを上げて行くと、北海道の漁港のやっている物に海鮮おせちセットがあります。
10万円と言うと、量が多いと考える人もいますが、4人前から6人前と書かれてます。
4人で10万円超だと、1人頭で約3万円なので信じられないと考える人もいるかもしれませんが内容を見て行きます。
北海道で有名な魚介類がオンパレードで、きんきの煮つけが4匹分入ってます。
きんきは脂がのっていて、煮つけを高級料亭で食べると1万円ぐらいします。
それに最近漁獲量が激減している鮭から取った大ぶりのイクラが500グラムと、上げ底になっていないウニのてんこ盛りも入ってます。
これだけで2万から3万円位の市場価格です。
そこに旬の時期の北海道の魚の刺身やホタテの刺身やイカのおつくりなどの、鮮度の良い刺身が入ってます。
洋食としてはズワイガニの甲羅を使ったグラタンや、蟹やエビを使ったシュウマイなど子供から大人まで喜びそうなおかずも入ってます。
そして一番の目玉が全員4人分のタラバガニとズワイガニと毛ガニが1杯ずつ入ってます。
総額は30万円相当を書かれているのでかなりお得で人気があり、すぐに完売する高級おせちです。

 

魚介類はその土地の名産品を材料とした10万円越えのおせちが多いですが、和食ばかりではなく完全の洋食のものもあります。
和食ならば伊勢海老を使っていますが、洋食のおせちの場合は、オマール海老を使っています。
地元の食材じゃないと思いましたが、現地で養殖したオマール海老を書かれてました。
それ以外は子牛のステーキやアワビのステーキが並んでいたり、クリスマスで人気のあるローストビーフがスライスして食べやすいように加工されて大量に入ってます。
酢だこの変わりが、タコと海老のカルパッチョで全ての調理法がフレンチやイタリアンで統一されてます。
キャビアとサラミなどのオードブル料理の定番も、高いだけあって超高級のサラミがのっています。
さらにデザートのパンプキンとアップルのパイやタルトも入っていて、女性や子供も喜びそうなセットとなってます。

 

王道の和食のおせちでも、高級になると栗きんとんがほとんど甘栗であったり、トコブシが大ぶりのアワビになっていたり、値段が高い分使われている材料が豪華になっているだけの物や、品目数が通常の何倍もあるものまで様々な商品があります。
基本のおせち自体は、3万から5万円位のものと変わらず、それにプラスで鍋セットが付いているものもありました。
山口県だとおせちに、トラフグの鍋セットとサシミが付いたものがありました。

 

まとめとして、高級おせちは地元の高級食材を集めて詰めた物が多かったです。
それに加えて和食や洋食や中華などのジャンルで調理方法を工夫した物や、分量や種類が多くて総量で高い物もありました。
さらに通常のおせちに加えて、鍋セットなどの別の物が加わった物もあり、これだけ種類が多いと誰でもお気に入りのものが見つかると種類の多さに驚かされました。

 

 

【2023年】人気おせち通販!お取り寄せ予約おすすめランキングなび トップページ