通販で人気!ぶりの照り焼き入りおせち料理のお取り寄せランキング!

お正月の定番メニューの一つでもあるお雑煮は、地域により作り方や食材などの種類が色々です。
お正月にお雑煮を食べるようになったのは平安時代頃、昔はお餅の原料になるお米はとても高価なものでお正月など特別なお祝いのときにしか食べることが出来なかったといいます。
毎年お正月にやって来ると言い伝えられている年神様に対して、お供えをしたお餅や里芋、ニンジンなどその年の最初に汲んだお水を利用して煮込み元旦に食べたのが現代のお雑煮原形であり、始まりです。
雑煮のような呼び方をするようになったのは、様々Ξを使い混ぜて煮る、煮混ぜに由来するとされます。
そのため、関東や関西など他の地域も含めて作り方や食材などに違いがあることが分かるのではないでしょうか。

 

関西地方のお雑煮のお餅は、丸い形をしている丸餅です。
丸い形は円満を意味する縁起物であり、関西地方ではお餅を焼かずに煮たものを入れるなどの特徴もありますし、味付けについても関西地方は白みそ仕立てが多く京都から各地域に伝わったとされるけれど、京都の料亭ではお雑煮だけでなく白みそを使うメニューが多くあるのが特徴です。

 

関東の場合は、お餅は四角い形をしているケースが多いこと焼いてから入れるなどの関西とは異なります。
庶民の間でお餅が入ったお雑煮を食べるようになったのは江戸時代頃からで、当時は関東エリアに人口が集中していたなどの特徴がありました。
一つずつ手でちぎって作る丸餅より、一度のたくさん作ることができる角餅が採用されたのは人口が多かったなどの理由かあるから、このような説が有力です。
関東地方のお雑煮は醤油仕立てで澄まし汁になっているものが多いようですが、具材についても人参や大根は関西と同じですが里芋はあまり利用しない家庭と使う家庭に分かれます。
逆に、関西では入れることがない鶏肉を入れる家庭もありますし、小松菜などの野菜を入れるのも関東のお雑煮の特徴の一つになっています。

 

九州地方などではぶりをお雑煮に入れる地域もありますが、これは作り方次第では生臭さが生じてしまうなど慣れていない人は苦手意識を持つケースもあります。
ぶりの照り焼きなどおせち料理に入れると豪華なメニューになりますが、市販されているものなどの場合はこのようなメニューが入っていないものの方が多いようです。
ぶりの照り焼きも生臭さが苦手などの場合は食べることができない、このような理由から入れてない商品が多いのです。
しかし、最近は通販のおせちの中でもぶりの照り焼きが入っている商品に人気が集まっている、その理由の中には思ったよりも生臭さがなくて美味しかった、このような口コミ評判が多いからなのではないでしょうか。

 

現代はネット社会ですから、口コミなどで生臭さがなくて美味しかったといった評価を目にすると先入観で持っていた生臭さが消えて美味しい食べ物に変化するなどがあるのではないでしょうか。
最も、丁寧な下ごしらえを行うことと鮮度が良い食材を使うこと、この2つを守ることで臭みが全くないぶりの照り焼きを作ることはできますし、人気のお店の商品はこのように丁寧な仕事ができる職人さんがいる料亭などになるわけです。

 

ところで、ぶりは成長と共に名前が変わる出世魚になるわけですが、おせち料理はそれぞれの食材やメニューに願いを込めてあるといいます。
ぶりの場合は出世魚などからも立身出世を願うなどの意味がありますので、ぶりの照り焼きが入っている商品を購入することで立身出世を願うことができます。
なお、通販でおせちを買うときには3段や4段など重箱の段数による違いがありますが、選ぶときにはヘルシーなどのような最近の流行を把握しておくと便利です。

 

現在、2023年版のランキング調査中です。
後日、2023年版ランキングを追加する予定です。

 

 

【2023年】人気おせち通販!お取り寄せ予約おすすめランキングなび トップページ