通販で人気!ホタテ入りのおせち料理の予約お取り寄せランキング!

おせち料理は、お祝い事で神様にお供えを行っていた料理の御節供が由来といいます。
新年の健康・繁栄を祈り、歳神様へ料理をお供えする、年が明けたら神様のおさがりとしてその食事を戴くのが古くからの言い伝えになっているようです。
料理に使う食材およびメニューには、それぞれ五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄などの願いが込められていますし、料理を重箱に入れるのも、めでたさを重ねるなどの意味があることを覚えておきましょう。
一般的に、重箱の段数は3段から5段ですが5段重が正式とする説や4段重を正規とする説など諸説あるといいます。
最近は、コンパクトにまとまっている3段重が主流になりつつあり通販サイトで購入できる商品の多くが3段もしくは4段重のケースが多いようです。

 

ホタテ入りのメニューを目にしたことがある人は多いかと思われますが、ホタテは食材としては高級品でありお正月などの祝いのときにしかあまり食べない、このような人も多いのではないでしょうか。
ちなみに、平貝はホタテの代用品で利用されることが多い貝の一種になるのですが、これは貝柱だけにすると素人では区別がつかないけれども貝のままであれば一目瞭然です。
大半の場合がむき身になっている食材を使うことが多いので、平貝の貝殻の形がどのようになっているのか分からない人は多いかと思われますが、平貝の場合は三角形で堤防などに張り付いているカラス貝のような形をしているため、全く違った種類であることが分かります。

 

お正月に食べるときには、網焼きなど少し贅沢なスタイルでホタテを食べることもあるけれども、おせちなどに使う場合は佃煮や甘辛煮もしくはうま煮などが定番です。
うま煮などのレシピはそれほど難しいものではないので、年末の大晦日などに作ることもできます。
ここでは簡単な作り方のレシピをご紹介しておきますので参考にされることをおすすめします。

 

材料は4人分で8個、生食でも冷凍ものでも構いませんが、生のものは一度蒸しておいて冷凍は解答しておきます。
調味料はお酒(大さじ4)・三温糖(大さじ3)・醤油(大さじ2)・顆粒などの和風だし(大さじ1/2)で、これらの調味料を鍋に入れて火にかけます。
2分くらい沸騰させたら材料を入れて中火で煮汁をかけながら、焦がさないよう煮ます。
煮汁が程よくに詰まったら火からおろして冷まします。
粗熱が取れると味がしみこみますし、年末に作っておくと1昼夜冷蔵庫の中で保管ができる、さらに味がしみ込み美味しいメニューに変身します。
お砂糖は三温糖がおすすめなのですが、これを使うとコクのある優しい風味に仕上がるので煮物を作るときにも重宝します。

 

通販で購入できるおせちの中にもホタテ入りタイプがありますし、好みのメニューを選択できる通販サイトなどの場合はホタテのうま煮などの単品メニューを販売しているところもあるので、少し豪華にしたいときなど利用されると良いでしょう。
なお、ホタテもイセエビやアワビ、和牛やローストビーフなどと同じく高級食材の一つであり、普段はあまり買うことができない、購入したとしてもお値段が安い平貝のお刺身や冷凍品などの場合も、お正月なら少し奮発などの考えで楽しむのもありではないでしょうか。

 

ホタテ入りのおせちは通販の中でも人気が高めですし、料理は限定商品になっていることが多いなどからも早めに予約することをおすすめします。
一般的には、毎年9月から10月ころから予約が開始になるのでこの時期に入ったら人気の通販サイトをいくつか選んでおいて、ホタテ入りのおせちの有無を確認したり口コミ評判などを使って調べておくと安心ですし、人気のおせちは直ぐに売り切れてしまうこともあるので早くアクションを起こすことが大切です。

 

現在、2023年版のランキング作成中です。
後日、2023年版ランキングを掲載する予定です。

 

 

【2023年】人気おせち通販!お取り寄せ予約おすすめランキングなび トップページ