人気の京都の料亭の冷蔵おせち(生おせち)!通販おすすめランキング!

お正月に食べるおせち料理は、それぞれに意味があることをご存知の人は多いかと思われますが、しかしイセエビや紅白なます、菊花かぶなど食材やメニューごとの意味を聞かれると分からない人は多いといえましょう。
また、おせち料理は重箱に詰めてテーブルの上に並べるのがスタンダードですが、4段の重箱などの場合は1段目や2段目など、それぞれの段に詰める料理が決まっていることをご存知でしょうか。

 

重箱を重ねたとき、一番上の段になるのが一の重で、祝い肴と酒の肴に相当する紅白のかまぼこや栗きんとん、これらは口取りと呼ぶメニューを詰めるのが習わしです。
ただし、メニューおよび素材などは地域および風習により異なることもあるのであくまでも参考程度に考えておくと良いでしょう。
一の重は黒豆・きんぴらごぼう・昆布巻き・伊達巻・数の子・田作りなどを詰めるのが一般的です。
紅白かまぼこの赤(ピンク色)は魔除けで白は神聖さを意味する、かまぼこの形は日の出に似ていておめでたい食べ物です。

 

栗きんとんは、黄色い黄金に見立てたり金団と呼ぶ漢字から豊かさを願うなどの意味があるといいます。
錦玉子は、黄身および白身を金と銀に例えていて、2色および錦の語呂合わせで縁起を担ぐとされる、黒豆は黒く日焼けするほどマメに健康に過ごせる、これも語呂合わせになります。
昆布巻の昆布は喜ぶに通じる語呂合わせで縁起物、伊達巻は形が巻物に類似していて知識が増えて勉強で成功できるなどの願いが込められています。
数の子の場合は、卵がたくさんあるなどの理由から子孫繁栄を願う料理で田作りは、片口いわしの稚魚の飴炊きであり、いわしを刻んで肥料にしていた田畑が豊作になったことから五穀豊穣を願うなど、それぞれに意味があることが分かるのではないでしょうか。

 

最近は、それぞれのメニューごとの意味をあまり考えない、お正月の定番メニューで食事するケースも多くなっているけれども、重箱の中にあるいくつかのメニューの意味をお子さんやお孫さんなどに教えてあげるのも年長者の役割といっても過言ではありません。
最近は冷蔵おせちや生おせちなど、旬の食材を使った京都の料亭が販売を行っているものに人気が集まっているようです。
冷蔵おせちの場合は、商品が届いたときには解凍が必要になるイメージがありますが、配送途中にある程度解凍されるのでそのまま食べることができるようです。
届いたときにガチガチに固まっていてお正月まで日数があるからと冷凍庫に保管したままにしておくと、うっかり冷蔵や常温にすることを忘れてしまうなどのケースもゼロとはいい切れません。

 

京都の料亭の生おせち、これは人気商品の一つになるので早めに予約をしておかないと売り切れてしまうことも多いようです。
一般的には、3段重タイプのおせちが主流になっているので家族3〜5人くらいに最適ですし、料亭の料理は一つずつ丹精込めて作り出した作品ともいえるようなメニュー、薄味ではあるけれども素材の味がしっかり活かされているので食べたときの満足感が高めです。
また、京都の料亭の料理は味だけでなく目で見て楽しむことができる魅力があります。
そのため、重箱の一の重の蓋を開けた瞬間から目で見て楽しめる時間が訪れる、二の重・三の重といった具合に順番に開ける楽しみやワクワク感を与えてくれます。

 

京都の料亭の通販サイトで買うことができる商品もありますし、通販サイトの中には京都の有名なお店からお取り寄せをしていてそれぞれのお店の特徴や口コミ評判などをチェックして買い物ができるところもあるなど様々です。
味などは感じ方に違いがあるけれども、見た目などのは写真や口コミなどが参考になります。

 

現在、2023年版のランキング作成中です。
後日、2023年版ランキングを掲載する予定です。

 

 

【2023年】人気おせち通販!お取り寄せ予約おすすめランキングなび トップページ