沖縄県に全国からお取り寄せ!通販で人気のおせち予約ランキング!

沖縄というと、日本の中でも独自の文化を築いてきた地域です。
年間を通して約22度の気温を維持しており、若い世代の間ではリゾート地としても高い人気を誇っています。
旅行で何度も足を運んだという方も多いでしょう。
沖縄の独自性を象徴しているのが、毎年お正月に食べられている「おせち料理」があるという点でしょう。
簡単に南西諸島で食べられているおせちの概要と、通販でお取り寄せをする魅力についても触れていきます。
まず沖縄をはじめとする南西諸島一帯では、1870年頃から薩摩藩(現・鹿児島県)がおさめるようになりました。
それ以前は先述をしたように独立国家の琉球王国となっており、日本よりも台湾やインドネシアといった東南アジア寄りの文化を持つのが特徴です。
たとえば重いものを女性が運ぶときは、頭の上に荷物を置くという習慣を持っている点もあげられます。
食文化も同様で、本土のように野菜や魚を食べつつも、豚・ヤギの精肉を加工して食べる方が多かったわけです。
これはおせちにも反映をされており、1900年に薩摩藩の役人が記した日記によると、元日の朝に地元民が食べていたものは、大きなカゴに盛られたもち米と、バナナの葉の上に並べた豚の丸焼きであったと記述をされていました。
ただし、おせちの持つ本来の意味の神様への献上品という概念はまったく同じです。
計50品目の食材を食卓に並べて、家族で一緒に食する点も共通事項になります。
その後、1960年に沖縄県が正式に本土復帰を果たすと、現在のスタイルのおせちが普及をしました。
漆塗りの重箱の中に黒豆や伊達巻、伊勢海老などを入れるのですが、これは一段目に入れるのが習わしです。
二段目からは沖縄の伝統食材で占められ、三段目におこわというお料理を敷き詰めて完成です。
二段目は以前と同様、豚足やゴーヤチャンプルーなどとなっており、この点も独自に改良をされたといえるでしょう。
ネット通販では昨今、沖縄限定のおせちの人気が高まりを見せています。
従来の和食で占められているものは、若い方には敬遠をされがちでしたが、沖縄の品だとお肉がたくさん入っているので、若い方やお子さんに好まれています。
ではここからは、人気商品をお取り寄せするコツをご紹介しましょう。
直接ストアから買い求めるのが基本ですが、必ず予約をして手に入れることになります。
多くのストアでは毎年8月下旬ごろから公式ストアを開設して、予約受付をスタートさせるのが例年の特徴です。
色んな通販があるのでどこで購入をすればいいのかわからない、と言われる方も多いですが、琉球の品であれば、ネット検索で琉球と記入をすればヒットをします。
または料理名を検索ワードにしても良いでしょう。
ゴーヤチャンプルーや豚足などと入れると、すぐに対象のストアを見つけることが可能です。
お取り寄せサービスの魅力は、年末に自宅に商品が届けられる点です。
ご自身でわざわざデパートやスーパーに取りに行く必要がなく、手軽に発注をして味わえます。
通販だと必ず冷凍保存というスタイルで届くので、食べるときに解凍をしないといけません。
そのときは湯煎や電子レンジを活用するのではなく、自然解凍をすることです。
湯煎・電子レンジを使用すると調理加工をすることになるので、本来の美味しさを損なう可能性があります。
この点に注意をして、美味しいお料理をお取り寄せして、家族で食べましょう。

 

現在、2023年版のランキングに関する調査をしています。
(後日、2023年版ランキングを掲載する予定です。)

 

 

【2023年】人気おせち通販!お取り寄せ予約おすすめランキングなび トップページ