お正月料理のおせち以外の人気のお取り寄せグルメランキング

お正月料理の定番は今でもまだ、伊達巻やかまぼこや田作りや栗きんとんなどが入ったお重のおせち料理をイメージする人が多いはずです。
おせち料理は和食好きな人やお年寄りには受けがいいですが、味付けが甘辛かったりクワイや田作りのように苦みがあったり、癖の強い独特な料理が多いため嫌いな人は嫌いで食べる事が苦痛になります。
特にまだ生まれてからそんなに時間が経っていない苦みが美味しいと言う経験が乏しい子供や、子供の頃からおせち料理に慣れ親しんでいない外国人やそういう家庭で育った人にとっては好きになれない人もいます。
正月は家族団らんですごす貴重な時間なのに、おせち料理のせいで楽しめない家族がいたら不幸な事です。
そんなおせち料理が苦手な人におすすめなお正月料理をお取り寄せできる、通販サイトがあります。
そのサイトではおせちも扱っていますが、おせち以外にも人気のお取り寄せグルメを多数扱ってます。

 

その通販サイトで人気のおせち以外のお取り寄せグルメに、下関のふぐ鍋やふぐ刺しのセットがあります。
何故お正月料理としてふぐが良く食べられるのかと言うと、関東ではふぐと呼びますが、関西よりも西の地域ではふくと呼んで福を呼ぶ縁起の良い食材として食べられてきたからです。
だけどふぐを食べ慣れていない人からすると、おいしいとは聞きますが大人ならその美味しさが分かるかもしれないけど、子供はどうなのか疑問に感じる人も多いはずです。
だからお正月のふぐセットには、鍋や刺身以外に必ず子供や若者が好きなふぐの唐揚げも付いてきます。
ふぐの唐揚げは、淡白な白身のふぐを油で揚げているので子供でも美味しく食べられて人気があります。
ふぐ鍋セットには、既にぶつ切り状態になったふぐの切り身や子供からお年寄りまで人気のあるつみれが入っていて、白菜やキノコや長ネギや人参などの野菜を用意してグツグツ煮れば誰にでも簡単に作れるようになっています。
唐揚げも油で揚げるだけで、書かれた通りの温度に調節して時間通りに揚げれば誰でも美味しく作れます。
鍋にはふぐを美味しく食べるためのふくポン酢ともみじおろしも入ってます。
それでも作り方に不安を感じる人もいるかもしれませんが、作り方のガイドブックも同梱されてます。
ふぐ鍋の締めと言えば、雑炊ですがその美味しい作り方も書かれています。
さらにおまけで酒好きなら1度はやってみたいという、ふぐのヒレを使ったふぐのヒレ酒も楽しめます。

 

ふぐ以外にも、お正月料理の定番の毛ガニやズワイガニやタラバガニや花咲ガニなどをボイルした物や、カニ鍋セットもおせち以外で人気があります。
その年に水揚げされた旬の美味しい時期の実が詰まった蟹をボイルして、急速冷凍した物です。
予約してお届け日を細かく設定できるので、おせち料理を食べ飽きた正月の2日3日あたりに注文して、美味しく食べる人も多いです。
1杯でも注文できますが、まとめ買いをするとかなり安くなるので、まとめ買いがおすすめです。
鍋セットを頼むと、面倒なカニの甲羅や脚に包丁で切れ目を入れる作業がなされた状態で届くので、野菜などを切るだけで簡単にカニ鍋が作れます。
カニ鍋を注文すれば、鍋の作り方の説明書も付いています。
説明書には鍋の締めの雑炊の作り方も書かれているので、誰でも鍋を楽しめます。

 

それ以外にも、正月の縁起物として良く食べられる食材のいくらやウニも取り寄せす事が出来ます。
いくらやウニは漁獲量が減っているため、スーパーでは高額で売られていますが、全国の漁港で大量に仕入れているので市場価格よりもかなりお買得な価格で販売されてます。
いくらやウニにも説明書が付いていて、美味しいいくら丼やウニ丼の作り方が掲載されてます。
上記にあげたのは一例ですが、おせち料理以外のお取り寄せをしている人は増えてます。

 

現在、2023年版のランキング調査中です。
後日、2023年版ランキングを追加する予定です。

 

 

【2023年】人気おせち通販!お取り寄せ予約おすすめランキングなび トップページ